「親権」の記事一覧

調停離婚の親権争いは母親有利!不利になる原因や理由とは?

親権 調停離婚

離婚を決意した女性が、最初に強く思うことは「絶対に親権が欲しい」ということではないでしょうか。 事実、多くの夫婦が離婚協議をしていく中で、親権を争いは絶えることがありません。 すでに離婚しているシングルマザーからは、「親権は母親が有利」という話を聞くことができます。 しかし、いくら有利と聞いても「何がどう有利」なのかが明確にならない限り、不安を解消することはできませんね。 ここでは、親権が女性に有利に働く「条件」とは何かをご説明します。 また、親権が女性に不利になるのはどういうときかについても解説します。

モラハラ夫と離婚するには…子供の親権のために証拠が必要?

モラハラ 親権

私の元夫もモラハラ夫でした。 離婚の話し合いが難航し続け、離婚すると決めてから約2年の年月を費やしました。 私の場合、協議離婚で話合いを続けましたが、最後は豹変したモラハラ夫に殺されかけたため身一つで逃げました。 モラハラをしてしまう旦那さんは何かしらの心の闇をもっています。 モラハラ夫の心の闇と戦っている、逃げたいという方々に読んでいただければと思います。

離婚で子供の親権は母親…名前や苗字、戸籍の手続きは?

子供 親権

様々な協議を終え、無事に離婚に必要な事柄が決まったら、離婚届を提出することになります。 親権が母親であれば、離婚届の「親権」の欄に母親の姓名を、父親に決まれば父親の姓名を記入します。 離婚届さえ受理されれば夫婦の離婚は成立します。 では、親権を持つことになった方の親は、次に何をすれば良いのでしょうか。 今回は、母親が親権を獲得したケースを取り上げ説明します。 離婚届は飽くまでも離婚についての申告です。 離婚の際は、親権をはじめ他にも多くの手続きが必要となります。

離婚と子供の親権争い…母親が有利で父親が不利なのはなぜ?

子供 親権

離婚協議において、子供を持つ家庭では両親のどちらが親権の取るかを言い争うケースが多くあります。 父母ともに子供を引き取りたいという意志が固くて一歩も譲らない場合、裁判離婚になることもあります。 どうしても親権が欲しいと考える父親であれば、裁判に持ち込んででも親権を取ろうとするからです。 しかし、一般的には父親が親権を獲得できる可能性は極めて低いというのが現状です。 では、なぜ母親は親権を獲得する際に有利であり、父親は親権があまり取れないのでしょうか。 今回は親権争いの実情をご説明します。

離婚の親権争いは母親が有利なのはなぜ?親権者の割合や条件

子供 親権

離婚の計画を進めていく際、子供を持つ夫婦の多くは「親権問題」に悩みます。 協議の中でも争点になりやすい親権の取り合いですが、一般的に母親が有利といわれているのは本当なのでしょうか。 そもそも、親権とはどのように決定していくものなのでしょうか。 今回は、気になる親権問題にスポットを当てます。 離婚後の生活を思い描くにあたって、最も気がかりである親権の知識を、この機会に整理しておきましょう。

離婚…親権は何歳まで?子供が成人したり親権者の死亡時は?

子供 親権

熟年離婚が増えている昨今、子供が大きくなってから離婚する夫婦が多くなりました。 また、若い頃から離婚は考えていたものの、子供が成熟するのを待って離婚する夫婦も少なくありません。 なるべく子供への負担を軽減するため、タイミングを見計らって離婚を準備するのです。 しかし、いざ本当に離婚となると、わからないことが次々と出てくるものです。 その一つが「親権」の問題です。 子供がすでに成人を迎えている場合でも、親権の問題はあるのでしょうか。 また、離婚後に親権者が死別してしまったときはどうすれば良いのでしょう。 今回は、こういった親権の様々な疑問に焦点を絞ってご説明していきます。

離婚と子供の親権。役所の手続きや必要書類は?

子供 親権

子供を持つ夫婦が離婚する場合、どちらが子供を引き取るのかは最大の課題となります。 親権問題で話がもつれ、離婚の準備が進まなくなることが非常に多いからです。 また、協議の結果どちらが親権を持つかが決まると、手続きの仕方で迷う人も少なくありません。 親権の届け出や必要な書類については、離婚経験者でなければ詳しくわからないものです。 今回は主に、親権に関する手続きや必要書類についてご説明していきます。 離婚の準備を進めている人は、この機会に手続きに関しての疑問を解消しておきましょう。

離婚による親権の決め方。子供の年齢や意思は尊重されるの?

子供 親権

離婚の準備において親権問題は切実です。 多くの場合、『親権問題』は離婚の話し合いの争点になります。 特に女性は、「何がなんでも子供を引き取って育てたい」という人が多くを占めます。 そもそも親権とは、どのように決めるものなのでしょうか。 今回は、親権に対する疑問について一つ一つ解説していきます。 「子供が幼いときはどうなるの?」 「逆に、子供がある程度の年齢に達している場合は?」 「夫と妻、どちらかが有利なケースがあるというのは本当?」 そんな様々な親権に関する質問にお答えしていきます。

離婚する時の親権の決め方。子供の意志や経済力は関係ある?

子供 親権

離婚の際、母親も父親も親権が欲しい…となって譲らなくなった場合、裁判所に決めてもらう必要が出てきます。 第三者目線だと、いったいどういった基準で親権が決められるのでしょうか。 また、子供が片方の親と暮らしたいと意思表示している場合は考慮されるのか、そしてやはり経済力がある方が有利なのか…気になりますよね。 一つ一つ見て行きましょう。

離婚の親権争いは父親が不利…母親が有利なのはなぜ?

子供 親権

近年は「イクメン」と言う言葉にも表れているように育児に参加する父親が増え、母親と同じように親権を主張して双方譲らず、裁判所で争うケースが多いようです。 以前は「子育ては母親の仕事」という社会意識が強く、協議離婚(裁判所を通さない一般的な離婚)でそのまま母親に親権を譲るケースが一般的でした。 父親が育児に参加しているのだから今どきの親権は半々くらいかと思いきや、現状は母親9割。 母親がかなり有利なその理由を見て行きましょう。

ページの先頭へ