「調停離婚」の記事一覧

遠方で別居中…調停離婚のために裁判所へ出廷が難しい時は?

調停離婚

3組に1組が離婚しているといわれる現在、離婚の仕方も夫婦によって違います。 離婚を決意してすぐに弁護士に相談する人もいれば、最初から最後まで自分で段取りをする人もいます。 夫婦間で取り交わした離婚時の約束を互いが守るため、正式な証書にまとめる人もいます。 一般的に、夫婦だけで離婚の協議(話し合い)をすると、感情的になりやすいといわれています。 また、双方が自分に都合の良い条件ばかり持ち出すということも考えられますね。 その一つの解決法として、「調停離婚」という方法があります。 ここでは調停離婚について考えてみましょう。

養育費が決まらない…調停離婚における養育費の決め方と相場

調停離婚 養育費

離婚後の生活を思い描いたとき、ほとんどの人が不安になるのは「お金の問題」と言えるでしょう。 夫婦が二人三脚で支えてきた暮らしを、今後は一人でやり切ることを考えれば、当然のことと言えます。 中でも、子供を複数人引き取る場合や、自身が専業主婦の場合は、まわりからの支えなくして新生活を始めるのは困難です。 今回は、離婚の際に持ちあがる数ある「お金問題」のうちの一つ、「養育費」について考えます。 一般的に、他のシングルマザーは養育費をいくら位もらっているものなのでしょうか。

調停離婚の親権争いは母親有利!不利になる原因や理由とは?

親権 調停離婚

離婚を決意した女性が、最初に強く思うことは「絶対に親権が欲しい」ということではないでしょうか。 事実、多くの夫婦が離婚協議をしていく中で、親権を争いは絶えることがありません。 すでに離婚しているシングルマザーからは、「親権は母親が有利」という話を聞くことができます。 しかし、いくら有利と聞いても「何がどう有利」なのかが明確にならない限り、不安を解消することはできませんね。 ここでは、親権が女性に有利に働く「条件」とは何かをご説明します。 また、親権が女性に不利になるのはどういうときかについても解説します。

調停離婚の申し立て方法とは?必要書類や申立書の書き方

調停離婚

夫との話し合いだけで離婚を成立させることに不安がある場合、調停離婚を選ぶことがあります。 協議離婚と比較すると、何度も家庭裁判所に足を運ぶという手間がかかることになります。 しかし、調停員や裁判官が間に入ってくれることで、何をどこまで決めれば良いのか悩むことからは解放されます。 今回は「調停離婚」にスポットを当て、申し立ての仕方や必要書類についてご説明します。

調停離婚の流れとは?平均期間や離婚が成立するまでの回数

調停離婚

離婚を選択する夫婦は3組に1組いる時代ですが、離婚の仕方は様々です。 迷ったらまず弁護士を頼るという人もいれば、夫婦の協議だけで離婚する人もいます。 一般的には、夫婦の話し合いと合意で進める「協議離婚」を選択する人が多いと言われています。 しかし、離婚に向けての条件をしっかりと定めたい等の理由から、「調停離婚」の道を選ぶ人も少なくはありません。 ここでは、調停離婚の基本的な流れを整理していきます。 調停離婚の「回数」 や「期間」についても、本文中でご説明します。

調停離婚が成立…離婚届は出すの?役所での手続きや必要書類

調停離婚 離婚届

数々の悩みを払拭し、家庭裁判所での調停が終われば、離婚準備も一段落です。 離婚の条件が整い、将来が具体的に見えるようになれば、いよいよ本格的な生活の準備が始まります。 子供を複数抱えて離婚する場合は、準備項目も多岐にわたり、不安が募るのではないでしょうか。 今回は、離婚の進め方のうち、特に「手続き」に焦点を当ててご説明します。 離婚届の提出先や、必要書類等についても解説しますので、参考にしましょう。

夫の浮気で調停離婚…慰謝料の相場と浮気の証明に有効な証拠

慰謝料 調停離婚

可愛い子供たちを中心にして築いてきた、温かい家庭が音を立てて崩れてしまうことがあります。 長年、家族のために人生を捧げてきた妻にとって、夫の浮気ほど辛い経験はありません。 夫の浮気により、妻が子供を連れて家を出る決心を固めるケースは少なくありません。 家族を裏切る夫に頼るぐらいなら、苦労してでも自分で育てたいという気持ちになるからでしょう。 では、夫の浮気が原因で「調停離婚」に持ち込む場合はどんなことが留意点になるのでしょうか。 相手に「浮気」という落ち度があることは、どのように証明すれば良いのでしょうか。 今回のテーマは、「夫の浮気」と「調停離婚」です。

調停離婚は弁護士なしでも可能?弁護士の必要性や費用の相場

弁護士 調停離婚

夫と離婚したいという気持ちが固まっても、相手がこちらの思い通りに応じてくれるかどうかはわかりません。 離婚に対する条件に事細かく反論したり、感情的になったりと、協議が進まないことは往々にしてあることです。 また、離婚そのものに猛反対され、取り付く島もないケースもあるでしょう。 離婚の協議(話し合い)がもつれ、自分の力では解決できない場合は、「調停離婚」という方法があります。 夫婦の離婚話を家庭裁判所に持ち込み、調停員と裁判官立ち合いの下で合意を取っていくという方法です。 ここでは、調停離婚をする場合に「弁護士」は必要となるのか否かについて見ていきます。

調停離婚のメリット、デメリット。協議離婚との違いは?

調停離婚

日本で離婚する夫婦のうちのほとんどは、「協議離婚」を選択しています。 協議離婚は夫婦の話し合いで成立させていきますので、話がスムーズに進めば、比較的短時間で決着がつきます。 しかしながら、夫婦だけの話し合いで何もかも決めるのは不安であるという人は少なくありません。 また、協議だけで離婚してしまったが、後になって「もっとこうすれば良かった」と思うことが出てくることがあります。 今回は、夫婦の話し合いで進めていく「協議離婚」と、家庭裁判所で行なう「調停離婚」の違いについてご説明します。

調停離婚とは?手続きの流れや必要になる費用

調停離婚

夫との離婚を決意すると、様々な不安や心配に襲われるようになります。 離婚に際しては、親権のこと、子供の学校のこと、生活のこと、お金のこと等、慎重に計画を進めていく必要があります。 しかしながら、すでに夫との関係が冷え切っている場合は、離婚の話し合い自体に不安を感じることも少なくありません。 妻の説得や訴えだけで、果たして本当に充分な離婚条件を相手に約束してもらえるかは疑問なところです。 中には調停離婚という方法を選択する人もいます。 そこで今回は、「調停離婚」に関する必要知識をお伝えしていきます。

ページの先頭へ