「財産分与」の記事一覧

離婚と財産分与。夫の借金は対象?放棄することはできない?

財産分与

日本では、夫婦の自由意思に基づき離婚を成立させることができます。 夫と妻の双方さえ「合意」すれば、離婚内容を決めて離婚届を出せば受理される仕組みになっているのです。 ただ、子供を背負ってシングルマザーとして生活することになる場合、どうしても気になるのが「お金の問題」でしょう。 離婚が決まった際、夫が「このお金で新生活を送れば良いよ」と大金を渡してくれるようなケースはめったにありません。 つまり、妻はあらゆる知識と知恵を駆使し、お金を確保する以外に方法がないのです。 さらに深刻な事態に追い込まれるのは、夫に多額の借金があるというケースです。 すでに愛情を感じない夫が借金まで抱えていれば、一日も早く関係を断ち切りたいのは当然です。 しかし、「財産分与」のことを考え、離婚したくても離婚できない妻がいるのが実情です。 そこで今回は、借金を持つ夫と離婚する方法について解説します。

離婚と車の財産分与。名義変更やローンが残っている場合は?

財産分与

離婚問題解決の第一歩は、「財産分与問題」を片付けることからであると考える専門家は多くいます。 離婚後の生活を左右するのはお金であり、また財産は長い時間かけて築いてきたため、夫婦の思い入れも強いからです。 特に子供を抱えてシングルマザーとして生きようとする女性にとって、お金を確保することは最重要課題です。 本人にどんなに気力があっても、子供を育てながら思う存分働くことは難しいケースが多く存在します。 特に、ローンを抱えている状態で離婚するとなれば、不安はより一層募るものです。 今回は、数ある「財産分与問題」のうちの一つである「車」がテーマです。 車のローンが残っているケースや、名義変更についても解説していきますので、参考にしましょう。

住宅ローンと財産分与。離婚したら名義変更や連帯保証人は?

住宅ローン 財産分与

親権を取って離婚する女性にとって、最も気がかりなことは「お金の確保」ではないでしょうか。 事実、離婚協議では、お金の問題を話し合うことに多くの時間が割かれます。 様々な金銭的問題のうちでも、特に争いが熾烈になるのがマイホーム問題です。 持ち家は大きな財産であるだけに、離婚の争点になりやすいのは当然のことです。 今回は、離婚の財産分与と住宅ローンの問題を取り上げます。 ローンが完済できていない人や連帯保証人になっている人は、参考にしましょう。

離婚における財産分与の期限。対象期間はいつからいつまで?

財産分与

これまでの結婚生活で苦労して築いてきた資産は、夫婦平等に分けるべきものです。 「財産分与」とは、財産は夫と妻の協力で築き上げてきたものという考え方に基づいた制度です。 仮に、夫と妻との収入額に差があったとしても、お互いに支えがあったからこそ財産を持つことができたと考えられています。 医者や弁護士等の高い技術を持った、高額所得の場合は本人の貢献度が高いとされるため、財産分与の比率は特殊なものになります。 しかし、それ以外のほとんどのケースでは財産は夫婦折半になることが多いといわれています。 ここでは、気になる「財産分与」の期限や留意点について詳しく見ていきます。

協議離婚と財産分与。相場や期限、払う税金はあるの?

協議離婚 財産分与

夫との離婚を決意したら、まず最初に「財産がいくらあるか」を把握することが必要です。 「財産分与問題」は、離婚の協議の中でも特に言い争いが激化しやすい問題です。 結婚してから得てきた「共有の財産」を全て把握しておかなければ、もらえる金額に見当をつけることもできません。 今回は、離婚問題の中でも、特に「夫婦の財産分与」について深く考えてみましょう。 財産分与の「割合」「相場」、そして「税金」が必要か否か等を解説していきます。

離婚でマンションの名義変更。必要な手続きや費用は?

財産分与

「離婚したら名義変更した方がいいのはなんとなくわかるけど、手続きがめんどくさそう…。」 「お金もかかるのかなぁ…。」 なんて思って名義変更をためらうのは絶対いけません。 確かに面倒な手続きではありますが、将来の自分たちの為にも、トラブルの元はしっかり離婚の時点で断ち切っておきましょう。 以下では名義変更しないとどんなデメリットがあるのか、名義変更の手続きのおおまかな流れと費用を見て行きます。

離婚…共同名義マンションの名義変更は可能?連帯保証人は?

財産分与

共同名義でローンを組んでマンションを購入したものの、離婚する事に…。 まだローンの残るその家にどちらか一方が住み続ける場合、名義の変更は出来るんでしょうか。 夫が名義人のマンションのローンの連帯保証人になっている場合は? そのまま放置するリスクと一緒に、名義変更・保証人の変更の方法についてまとめてみました。

離婚でマンションはどうする?住宅ローンの財産分与と税金

住宅ローン 財産分与

離婚する時に今まで住んでいたマンションをどうするかは悩みの種ですよね。 不動産は財産分与の中でもはっきり決めるのが難しく、トラブルが起きやすい部分です。 売った方がいいのか、どちらかが住むのか…から始まり、ローンが残ってしまう場合の処理にも頭を悩ませたり。 この記事では、住宅ローンの残っているマンションの財産分与をどのように考えればいいのか、分与の時に税金はかかるのかどうかなどの疑問を見て行きます。

離婚…夫名義の住宅ローンも財産分与?妻の支払い義務は?

住宅ローン 財産分与

離婚する時に一番難しい問題と言われるのが、住宅ローンの残った家の処理です。 離婚の手続きをしても、銀行との契約である住宅ローンの名義や保証人などはそのまま。 状況に応じてきちんと対処する必要があります。 特に気になるのが、夫名義の住宅ローンが離婚後自分にどう降りかかってくるのかですよね。 ローンは財産分与の対象になるのか、妻に支払い義務が生じることはあるのか、などを確認していきましょう。

離婚…財産分与の対象となる期間はいつからいつまで?

財産分与

離婚をするならしっかり確認しておきたいのが、財産分与の事。 でも最初から離婚する気で結婚する人なんていませんよね。 深く考えずに結婚前の財産と結婚後の財産を混ぜてしまっていたり、名義だって共同だったり個人だったり、あぁ面倒くさい…! 基本的には結婚していた期間の財産は2人で半分こ。 この計算をする時に大切なのが、「いつからいつまでの財産を2人の物だと見るのか」を理解する事です。 分かってしまえば単純なので、確認してみましょう。

ページの先頭へ