「別居」タグの記事一覧

夫と別居したら住民票は変更する?離婚前の準備と注意点

別居 手続き

夫婦の片方が離婚を決意しても、相手が合意しない限り離婚は成立しません。 話し合いを重ねたところで堂々巡りになることは、離婚協議では珍しいことではありません。 一刻も早く夫と離れて暮らしたい場合、離婚を待たずに別居を選択する女性もいます。 ここでは、別居の準備事項や注意点、住民票に関して説明していきます。

離婚前に別居…生活費の相場はいくら?夫に請求できるのか?

別居

もしも夫婦が離婚を前に別居を選択した場合、生活費は各々が全面的に工面しなければならないのでしょうか。 実は、いくら夫婦関係が破綻状態にあったとしても、夫婦には「相互扶助義務」「生活費の分担義務」があります。 夫には安定した収入があるのに妻が定収入の場合には、妻は夫から生活費を受け取ることができるのです。 妻が職を持たない場合はなおさらですね。 今回は、離婚前に別居を選択した場合の生活費について考えていきます。 別居した場合の生活費の相場はいくら位なのでしょうか?

別居期間は何年で離婚成立?旦那と別居前の注意点や準備

別居

「一日も早く夫と離婚したい!」妻が離婚を決意したとしても、夫が首を縦に振るとは限りません。 離婚のための話し合いが暗礁に乗り上げることはよくあります。 財産分与や親権の問題が解決できない、世間体を保つために離婚を受け入れられない等、理由は様々あります。 離婚問題が進まないなら、せめて離れて暮らしたいという気持ちから、別居の道を選択するケースもあります。 しかしながら、別居はしていても戸籍上は夫婦です。 離婚を希望する人にとっては、いつまでも夫婦でいることは苦痛ですね。 ここでは、別居状態から離婚を成立させるための方法や、別居の準備についてご説明します。

離婚前の別居で子供が学校を転校…必要な準備や手続きは?

別居 子供

夫婦間で離婚協議が進み、無事に離婚届を提出するところまで至った場合には、夫と妻の戸籍を分けることになります。 しかし、離婚が成立していない段階であっても、先に別居を選択する人もいます。 離婚においても準備はたくさんありますが、別居をするだけであっても必要準備はあります。 特に子供を連れての別居を選択した場合は、転居だけでなく転校も伴うことがあります。 今回は、夫婦が別居した際の子供の学校問題について取り上げます。

離婚前に別居…主婦の賃貸契約は難しい?実家に戻るべきか?

別居

夫との関係が悪化したり破綻状態にある場合、離婚を待たずに別居の道を選ぶ女性も少なくありません。 しかしながら、離婚問題を抱えながら新たな新居を確保し、母子で生活を始めるのは簡単なことではありません。 これまでの婚姻生活において、正社員・正職員として安定した収入を得てきた女性であれば、選択肢は広がります。 しかし専業主婦として結婚生活を送ってきた場合の再出発には、困難なことが多々あります。 多額の預貯金を持っていれば解決することもありますが、多くの場合は別居をしたくても資金面の問題が立ちはだかることになります。 ここでは主に、専業主婦の方々が別居を選択した場合に待ち受ける課題や対策について考えていきます。

夫と離婚前に別居したい…別居の進め方や必要になる準備とは

別居

現代の日本では、およそ3組に1組が離婚していると言われています。 全世帯数統計では、10世帯に1世帯が一人親世帯となっています。 離婚が珍しくない昨今、離婚の内容も多種多様なケースが見受けられます。 先に別居を選択し、離れて暮らしながら離婚準備を進める夫婦も少なからずいます。 既に関係が悪化または破綻している夫婦であるならば、住居を分けることも一つの賢い選択と捉えることができます。 但し、感情的に家を飛び出すような別居をしてしまうと、離婚協議を進めていく上で不利になることもあります。 別居の進め方や準備事項をしっかりと確認の上、計画的に取り組みましょう。

離婚前に夫と別居すべき?別居のメリット、デメリットを比較

別居

一旦離婚を決意してしまうと、一日も早く夫と離れて暮らしたいと思うようになるものです。 別々の人生を歩もうと決めた相手と、同じ屋根の下にいることは確かに苦痛です。 しかしながら、離婚を成立させるまでには時間が掛かるものです。 また、将来の計画をしっかり立てるためには時間を掛けていくべきとも言えます。 こういった理由から「先に別居、離婚は後」という選択をする人もいます。 もしも別居を選択した場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。 また、子連れで別居する場合はどんなことを考慮する必要があるでしょうか。 ここでは、離婚前に別居を選択したケースを取り上げます。

ページの先頭へ