「支給」タグの記事一覧

離婚後にもらえる児童扶養手当の支給回数は?支給月と支給日

児童扶養手当 子供

離婚後、シングルとして再スタートをした人にとって、児童扶養手当は頼みの綱です。 小さな子供を抱えていれば、保育園の申込みをしても入園が先送りになるなどで就職ができないことがあります。 また、これまで共働きで収入を得てきた人であっても、一人で子供を育てながら働くとなれば今まで通りにいかないことが多々出てきます。 子供がある程度の年齢に達するまでは、学校等の行事があったり、子供を病院に連れて行ったりと、仕事以外のことに追われることもあります。 しかし、お金の相談というのは、例え離婚経験者同士であってもしにくいというのが本音ではないでしょうか。 さらに、親や兄弟にもお金の話をするのは避けたいと考えるシングルマザーもいます。 一人で思い悩んで追い込まれないようにするためにも、児童扶養手当の申請は早めにしておきたいものです。 ここでは、児童扶養手当の支給回数・支給月・支給日を中心にご説明します。

児童扶養手当の支給条件は?年収や世帯所得の制限

児童扶養手当 子供

離婚により親権を獲得した親は、子供の転校手続きや住居の問題等、新たな生活を計画しなければなりません。 当然ながら、でき得る限り多くのお金を用意したいと考えるものです。 ここでは、主に「児童扶養手当」にスポットを当てて、これからのことを考えてみましょう。 専業主婦だった女性にとっては、これから仕事が見つかるかどうかという心配があります。 また、これまでしっかりと稼いできた方であっても、シングルになった場合も今まで通りの収入を得ることが否かの不安はあるかと思います。 児童扶養手当を受給するにはどんな条件があるのでしょうか。 具体的に一つ一つ見ていきましょう。

母子手当の支給条件。年収や世帯所得の制限はある?

児童扶養手当 子供

専業主婦やパート就労の収入が無い、または少ない母親が子供を連れて離婚するとき、助けになるのが母子手当です。 では、母親に多くの収入があり、生活に不自由がない母子家庭にも母子手当は支給されるのでしょうか? ここでは母子手当と所得についての関係を説明していきます。

ページの先頭へ